墨田区の賛育会病院の産科専門情報サイト(東京都地域周産期母子医療センター)

03-3622-9191

外来 平日8:30-11:00 / 13:00-15:00

産科からのお知らせ

  • 2020.10.1610月19日から母親学級を再開いたします

    10月19日から母親学級を再開いたします。
    感染予防の為、参加人数を限定しての開催になります。詳しくは産科外来にお問い合わせください。

  • 2020.05.19新型コロナウィルス感染症対策について

    新型コロナウィルス感染症対策については、こちらをご覧ください。
    お母さんと赤ちゃんのために、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

出産までの10か月・図解

生理が止まった!
妊婦検診はいつなの?
夫の立ち合い出産は?
 
様々な疑問を時系列に図解で解説。

詳細はこちら

分娩実績

年間分娩件数1,128件
(2018年度分娩件数)
分娩実績が多く、経験豊富な
スタッフが多数在籍しています。

詳細はこちら

NICU(新生児集中治療室)

感染予防のため厳重に管理され、
呼吸や心拍、体温を管理する
特別な機械や設備が整っており、
赤ちゃんにあわせた治療が可能です。

詳細はこちら

高齢出産
糖尿病・高血圧症対応

40歳以上の方の出産に対応。
また糖尿病、高血圧症の
妊婦さんへ管理栄養士が
食事の相談も行います。

詳細はこちら

助産師外来

当院では医師と助産師による
外来を行っており、妊娠経過にそった
保健指導、産後の乳房ケアや
育児相談、疑問・心配ごとなど
妊婦さんへサポートを行っています。

詳細はこちら

母乳でもミルクでも

母乳が良いとは聞くけれど…
ちゃんと出るかしら?
貴女の体調や生活に適した授乳が
一番優しい授乳方法です

詳細はこちら

延泊ができます

通常は出産後5日で退院
でも…
体調が整わない
育児に自信がもてない
家庭の状況が整わない
そんな方は延泊や再入院ができます

詳細はこちら

24時間対応の小児科

出産前からのおつきあい
出産後は
小児科で途切れずにお支えします
救急受け入れもあります
何かあったら真夜中でもお連れください

詳細はこちら

食事の一例
食事の一例
食事の一例

東京都地域周産期母子医療センター

地域において妊娠・出産から新生児に至る高度で専門的な医療を、
常時行うことが出来る施設です。

産科には、緊急帝王切開術など高度な医療を提供することができる施設および分娩監視装置などの設備を備えています。
夜間においても、地域の医療機関などからの緊急母体搬送を受入れ、
帝王切開術などにすぐ対応できる体制になっています。
小児科には、新生児病室を有し、24時間体制で小児科医が常駐しています。
さらに新生児用呼吸循環監視装置・人工換気装置を備えた6床の新生児集中治療管理室を設け、
人工呼吸管理を要する児や1,500g未満の低出生体重児を受入れています。

東京都内には産婦人科を有する医療機関は多数ありますが、
周産期母子医療センターは27施設のみです。(2019年7月現在)

27施設一覧(PDF)

グーグルマップ詳細はこちら

賛育会病院産科
概要

院長 鈴木正明
常勤医師 8名
分娩室 4部屋
陣痛室 3部屋(ベッド2、和室1)
産科病棟 34床(個室4室、4人部屋6室、6人部屋1室)
NICU(新生児集中治療室) 6床
GCU(継続保育室) 17床
東京都地域周産期母子医療センター認定

産科外来
診療時間

受付時間 日祝
8:30 ~11:00
13:00 ~15:00
予約制

午後の時間帯は予約制です。事前の予約が必要です。

外来休診日
土曜日午後、日曜日、祝祭日
住所
〒130-0012 東京都墨田区太平3-20-2
電話
03-3622-9191
アクセス
JR総武線錦糸町駅徒歩8分 半蔵門線・都営浅草線も可

国籍・言語は問わず、
可能な限り受け入れます

言葉が通じない、コミュニケーションが難しいことを理由にお断りすることはございません。
多言語対応が完全なわけではございませんので、翻訳機、翻訳電話サービスなどでご対応いたします。

受け入れの実績

中国、フィリピン、韓国、タイ、ミャンマー、ロシア、ベトナム、モンゴル、バングラデシュ、スリランカ、台湾、インド、ネパール、ウクライナ、シンガポール、コロンビア、マレーシア、インドネシア、カンボジア、ドイツ等